1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LA DITTA/リコーと提携し「紙アプリ」のテストマーケティングをアジアで開始

2015年8月19日

LA DITTA/リコーと提携し「紙アプリ」のテストマーケティングをアジアで開始

LA DITTA(ラ・ディッタ)は、リコーと業務提携し、9月1日から、リコーの「紙アプリ」のアジアにおけるテストマーケティング事業を開始する。

ld-02
テストマーケティング対象国は、シンガポール、インド、フィリピン、マレーシア、インドネシア、台湾、香港、ベトナムの8カ国・地域。アジア市場でイベント・販促の場における「紙アプリ」活用の効果を提案するとともに、成長が期待されるアジア市場の中間層に、日本の最新テクノロジーと子どもたちへ夢を届ける新しい取り組みとして展開する。

「紙アプリ」は、リコーが2006年に開発したアプリケーションで、紙に描いた絵が映像となって動き出し、さまざまな楽しみ方ができる新感覚のコミュニケーションツール。

イベント・店舗向け販促支援サービスとして、商業施設での子ども向けイベントや医療・教育現場など、日本国内で多くの活用実績がある。

ld-01同社は、今回のアジア市場における「紙アプリ」活用の提案に際し、9月1日から商業施設・空港・アミューズメント施設など、さまざまな現地施設とのパートナー契約に向けた営業を開始し、12月頃(予定)から事業を開始、2016年7月末までに、各国・地域でイベントを開催する予定。

また、 2012年に経済産業省のクールジャパン事業のひとつとして始まり、同社が主催しているインドの「クールジャパンフェスティバル」(次回は2016年2月開催予定)とのコラボレーションを検討中で、日本の新しいテクノロジーと遊び方をインド市場で提案し、アピールする予定。

LA DITTA では、9月1日からの営業開始にあたり、上記アジア8カ国・地域での「紙アプリ」を活用したイベント・販促等の展開を希望するパートナー企業を募集している。

LA DITTAは、『日本文化を世界へ発信する』を基本理念として2006年に創業。ムンバイ、シンガポールにも拠点を持ち、日本の食・コンテンツ・デザインなどを世界へ紹介するために、日本、インド、シンガポール等でプロモーションや各種イベントを企画運営。各国でのビジネス経験を生かし、日本企業の海外進出サポートを行っている。

関連URL

LA DITTA

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス