1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「ロボット(EV3)×クラウド(Azure)」探査ロボットでIoTを楽しく学ぼう

2016年3月23日

「ロボット(EV3)×クラウド(Azure)」探査ロボットでIoTを楽しく学ぼう

アフレルは21日、高等学校、専門学校、大学等の教員を対象とした「IoT指導者向けワークショップ」を開催した。

IoT指導者向けワークショップ

IoT指導者向けワークショップ

このワークショップは、アフレルスプリングカップの併催イベントとして開催したもので、プログラミング教育カリキュラムの内容を体験することで、クラウドやIoT(Internet of Things)、データ分析の初歩を「楽しく」「効果的に」学ぼうというもの。

日本マイクロソフトのK12(幼稚園~高校まで)向けプログラミングカリキュラム「ロボット×クラウドではじめての本格プログラミング~レゴ マインドストームで地球を探査」に沿って、探査ロボット(レゴ マインドストーム EV3)プログラミング開発ツール(Microsoft Visual Studio )、クラウド環境(Microsoft Azure )、表計算ソフト(Microsoft Excel)を活用して、データの収集・分析を行う。

鉱脈探査中のロボットを見守る参加者

鉱脈探査中のロボットを見守る参加者

アフレルの渡辺のぼる氏を講師に勧められるカリキュラムは、ロボットの機能チェック、ミッション1としてセンサーを使った「ぶつからない車」のプログラミング、ミッション2としては「鉱脈探査データをクラウドに転送、蓄積」。

最後に、集積されたデータを表計算ソフトでグラフ化して鉱脈の概要を見える化して把握、金鉱脈と銀鉱脈の違いを明らかにする。
このカリキュラムは、IoTで求められる家庭用機器や産業機器への組み込みシステムを学ぶ第1歩として有効な手段になりそうだ。

関連URL

日本マイクロソフト

アフレルIoTカリキュラム学習セット

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス