1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Classiが今夏からアダプティブ・ラーニングを本格提供開始

2016年5月18日

Classiが今夏からアダプティブ・ラーニングを本格提供開始

ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社Classi(クラッシー)は、今夏からKnewton, Inc.(ニュートン・米国)のシステムを実装し、日本国内の学校に導入している学習支援クラウドサービス「Classi」へ、アダプティブ・ラーニング(個別適応学習)の提供を本格的に開始すると発表した。

先生のテスト配信画面

先生のテスト配信画面

Knewtonは、世界で1000万人に活用されているアダプティブ・ラーニングエンジンで、生徒の学習理解度に合わせて、学習するべき内容を個別最適化し、生徒一人ひとりに対し、次に取り組むべき問題の提案を行うもの。

近年、生徒の学力が多層化しており、生徒個別の特性に適応した学習を提供できるアダプティブ・ラーニングへの注目が高まっている。Classiは昨年世界有数のアダプティブ・ラーニングシステムを持つ米Knewton社と日本初のパートナーシップに合意し、全国の高校を対象に共通のテスト受験後の理解度に合わせ、個別学習を薦める仕組みを導入するといったアダプティブ・ラーニングの実証研究を実施した。

全国のClassi導入校で実施した実証研究では、偏差値換算で1~5ポイントの学力向上効果や、生徒の学習時間の増加及び満足度の向上が見られ、Classiが提供するICTサービスを学校現場で活用した場合の効果を確認できたという。

実証研究の結果を受け Classiは教育系大手出版社が提供する各教科のベストセラー問題集から選抜した5万問が使い放題となる「問題集パック」にKnewtonを採用し、今夏から全国の高校・中高一貫校向けにアダプティブ・ラーニングサービスを提供する。

これにより、教師が生徒に共通の問題を出題したあと、Knewtonが生徒の理解度を元に、次の問題から生徒一人ひとりに異なる問題を出題できるため、 幅広い授業設計が可能になるという。

関連URL

Classi

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス