1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 電子回路図が作れる実験教材と映像を転送できる顕微鏡カメラを発売

2016年6月21日

電子回路図が作れる実験教材と映像を転送できる顕微鏡カメラを発売

内田洋行は17日、小中学校の理科の実験で、導電性マーカーペンを使い、自由自在に電子回路図を作成できる「導電性インク AgIC(エージック)を使った回路実験教材」と、顕微鏡の接眼レンズに取り付けるだけで、映像を付属のタブレットモニタに転送する「顕微鏡カメラ」を開発し、6月末から販売開始すると発表した。

0416168_01

「導電性インク AgIC(エージック)を使った回路実験教材」は、内田洋行とAgICが共同開発した。教科書と同じ二次元の電子回路図を光沢紙にマーカーペンで描いたあとに、乾電池やLED、モーターなどを回路図上に置くだけで電気が流れるか実験することができる。

価格は、「AgIC マーカー」が1200円、「AgIC 修正ペン」が540円、「電気が流れる回路実験器 書き込みセット」が3万9000円。全て税別価格。

「顕微鏡カメラ」は、顕微鏡の接眼レンズに取り付けるだけで、映像を付属のタブレットモニタに転送し、グループ全員での共有が可能。また無線LANで、微生物の映像をワイヤレスにデジタルテレビに転送したり、電子黒板に投影したりすることもできる。

価格は通常版が9万5000円、無線対応版が17万4800円。ともに税別価格となっている。

関連URL

内田洋行

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス