1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すらら「アクティブ・ラーニングイベント」で最優秀チーム決定

2016年9月1日

すらら「アクティブ・ラーニングイベント」で最優秀チーム決定

すららネットは8月31日、自社のクラウド型学習システム「すらら」を学習している小中高生を対象に「アクティブ・ラーニングイベント」を5月21日から8月28日まで開催し、栃木県の学習塾「まんてんキッズ那須塩原教室」に所属する小学6年生と中学1年生のチーム「Iラブ那須チームGreen Jr」を最優秀チームに決定したと発表した。

最優秀チームのプレゼンテーションの様子

最優秀チームのプレゼンテーションの様子

「アクティブ・ラーニングイベント」とは、ICTの活用により学年・地域の垣根を超えて1つのテーマについて議論し、これからの時代を生きるための「21世紀型能力」を身につけることを目的とした協働学習型のイベント。

今回は「これからの時代にふさわしい、新しい小学校の科目を作ろう」をテーマに、生徒たちが議論を行い、最終レポートを提出。ウェブ上での1300を超える活発な意見交換に加え、オンライン討論会では地域や学年の異なる初対面の生徒同士がチームを組むことで、さらに広い視野での議論が行われたという。

くららネットでは、日ごろ「すらら」の学習で身につけられている基礎学力に加えて、今後は情報収集力・分析能力・課題発見能力・課題解決能力といった21世紀型能力と呼ばれる「正解のない課題を解決する力」を身につけていくことも必要と考え、このイベントを開催した。

表彰チーム

最優秀チームのレポートの一部

最優秀チームのレポートの一部

・最優秀チーム
栃木県那須塩原市 まんてんキッズ那須塩原教室 「Iラブ那須チームGreen Jr」
井手はる香さん、君島萌花さん (2名は小学6年生)、大貫レオさん (中学1年生)
・優秀チーム
岡山県岡山市 西田学習指導塾 「S★S★S」
宇垣咲良さん、西田早希さん、橋本隼弥さん (3名とも小学5年生)
・優秀チーム
三重県名張市 名張理数科学研究所 「名張理数研KKK」
栗本果穂さん、森西小春さん、吉永和生さん (3名とも中学2年生)

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス