1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アクセンチュア、人工知能を活用したNTTComの新サービスで協業

2016年10月25日

アクセンチュア、人工知能を活用したNTTComの新サービスで協業

アクセンチュアは24日、NTTコミュニケーションズが10月31日に提供を開始する人工知能サービス「Communication Engine “COTOHA”」の国内展開において、同社と協業したことを発表した。

COTOHAは、自然な会話によるコミュニケーションを通して、人間の意図を理解し、最適な解を提示するバーチャル エージェント。NTTメディアインテリジェンス研究所による日本語処理技術と、IPsoft社が持つ人工知能プラットフォームであるアメリアが組み合わされている。COTOHAを利用することで、多種多様な業務の自動化や意思決定の支援が可能になり、ビジネスにスピードや正確性がもたらされるという。

本協業によって、特に企業のコンタクトセンターや店頭における問い合わせ対応業務などの領域で、国内の顧客に向けたCOTOHAの提案活動を強化する。 また、アクセンチュアは今年IPsoft社と共同で「Accenture Amelia Practice」を設立しており、今回の協業が国内でのIPsoft社の技術の活用をいっそう促進すると期待している。

関連URL

アクセンチュア

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス