1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アイティーシーがMakeblock社製STEM教育向けロボットの販売代理店に

2016年11月4日

アイティーシーがMakeblock社製STEM教育向けロボットの販売代理店に

アイティーシーは、STEM教育向けロボットキットメーカーを展開する中国のMakeblock社と正規販売代理店契約を締結したと発表した。

ll_img_115517_1

mBot(mBot v1.1 Blue Bluetooth Version)

Makeblock社は、自社製ボードとアルミ製のパーツ、センサーやモーターなど400種以上の電子部品を組み合わせ、様々な形態のロボットや、3Dプリンタ、プロッターなどを作製できるキットの製造・販売を行っている。

アイティーシーは今回の契約に基づき、「mBot」「mBot Ranger」「Ultimate 2.0」という、Makeblock社の3つのキットの販売を手がける。

「mBot」は、プログラミング、エレクトロニクス、ロボット工学を楽しみながら学ぶためのオールインワンソリューション。

対象年齢は8歳以上で、ラインセンサーや超音波センサーなど、本格的な部品を使用しつつ、簡単な組み立てとプログラミングでリモートコントロール可能なロボットが組み立てられるキット。

「mBot Ranger」は、ロボットタンク、3輪レースカー、自律バランスカーの3形態を持つ教育ロボット。

対象年齢は8歳以上で、キャタピラタイプや二輪自立タイプなど、3種類のロボットの作製が可能。ラインセンサー、超音波センサー、ジャイロセンサーが付属している。

「Ultimate 2.0」は、豊富な機能と強力な互換性を持つMakeblockプラットフォームのフラグシップロボットキット。

簡単に機械的構造や電子モジュール、プログラミングの知識を学習できるようになっている。対象年齢は12歳以上で、100個以上のパーツが含まれており、10種類の形態のロボットを作製することが可能できる。

関連URL

mBot
mBot Ranger
Ultimate 2.0

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス