1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. FRONTEOとJTP、AI活用のための新カリキュラムを12月提供

2016年11月9日

FRONTEOとJTP、AI活用のための新カリキュラムを12月提供

FRONTEOと日本サード・パーティ(JTP)は8日、人工知能を実践的に活用するエキスパートを育成する事業の共同開発第2弾として、人工知能を用いた知財戦略支援システム「Lit i View PATENT EXPLORER」を学べるカリキュラムを12月に提供開始すると発表した。

main

両社は、エキスパート育成事業の第1弾として、ITに関する専門的な人でなくても、営業やマーケティング、コンサルタントなど、現場で課題を抱える職種の人が人工知能を利活用できるよう育成するカリキュラム「人工知能 KIBIT入門 for Lit i View AI助太刀侍」の提供を11月25日から開始する。

第2弾では、FRONTEOの人工知能「KIBIT(キビット)」を組み込んだ特許調査に特化したシステム「PATENT EXPLORER」と、JTPの技術教育で培ったノウハウを使って、企業の知財担当者が人工知能を利活用できるよう育成するカリキュラム「人工知能 KIBIT入門 for Lit i View PATENT EXPLORER」を新たに開発した。

PATENT EXPLORERは、先行技術調査や無効資料調査など、特許の分析業務を大幅に効率化するシステムとして、既に大手メーカーなどで使用されているという。

同カリキュラムでは、企業の知財担当者がよりスピーディに、より精度の高い調査を実現するための解析の進め方、教師データの作り方、解析結果の読み取り方などをモデルケース別の実践的な演習を通じて身につけられるという。

「人工知能 KIBIT入門 for Lit i View PATENT EXPLORER」実施要領

実施日:12月2日に第1回講座を開催(以降、月1回実施)
実施時間:トレーニング、確認テストを含め1日(10:00~17:00)
定員:各回最大12名
場所:日本サード・パーティ トレーニングセンタ品川会場[東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー14階]
受講料:10万円(税別、1回あたり)

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス