1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. FRONTEOとJTP、AI活用のための新カリキュラムを12月提供

2016年11月9日

FRONTEOとJTP、AI活用のための新カリキュラムを12月提供

FRONTEOと日本サード・パーティ(JTP)は8日、人工知能を実践的に活用するエキスパートを育成する事業の共同開発第2弾として、人工知能を用いた知財戦略支援システム「Lit i View PATENT EXPLORER」を学べるカリキュラムを12月に提供開始すると発表した。

main

両社は、エキスパート育成事業の第1弾として、ITに関する専門的な人でなくても、営業やマーケティング、コンサルタントなど、現場で課題を抱える職種の人が人工知能を利活用できるよう育成するカリキュラム「人工知能 KIBIT入門 for Lit i View AI助太刀侍」の提供を11月25日から開始する。

第2弾では、FRONTEOの人工知能「KIBIT(キビット)」を組み込んだ特許調査に特化したシステム「PATENT EXPLORER」と、JTPの技術教育で培ったノウハウを使って、企業の知財担当者が人工知能を利活用できるよう育成するカリキュラム「人工知能 KIBIT入門 for Lit i View PATENT EXPLORER」を新たに開発した。

PATENT EXPLORERは、先行技術調査や無効資料調査など、特許の分析業務を大幅に効率化するシステムとして、既に大手メーカーなどで使用されているという。

同カリキュラムでは、企業の知財担当者がよりスピーディに、より精度の高い調査を実現するための解析の進め方、教師データの作り方、解析結果の読み取り方などをモデルケース別の実践的な演習を通じて身につけられるという。

「人工知能 KIBIT入門 for Lit i View PATENT EXPLORER」実施要領

実施日:12月2日に第1回講座を開催(以降、月1回実施)
実施時間:トレーニング、確認テストを含め1日(10:00~17:00)
定員:各回最大12名
場所:日本サード・パーティ トレーニングセンタ品川会場[東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー14階]
受講料:10万円(税別、1回あたり)

詳細・申込

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス