1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ドローンの利活用法をみんなで考える「ドロンソン」秋田で開催

2016年12月9日

ドローンの利活用法をみんなで考える「ドロンソン」秋田で開催

skyerは、ドローンの利活用方法をみんなで考える「第1回ドロンソン」を、24日に秋田市にぎわい交流館AUで開催する。

d22818-2-851589-0午前中は入場無料のドローン操縦体験会ブースを設置、午後からは参加者同士がチームとなりドローンの活用方法を考えるアイデアソンを実施する。最優秀賞チームには、いま話題のドローンParrot MAMBOを全員にプレゼントするという。

「ドロンソン」は「ドローン」と「アイデアソン」を組み合わせた造語。ある特定のテーマについて参加者がドローンの活用方法を話し合い、自由にアイデアを出し合うプログラム。分野を問わず、さまざまな世代・性別・職種で構成されたチームを組むことでより、幅広いアイデアを生み出す場を提供したいとしている。今回のテーマは「クリスマス×ドローン」。

より良いアイデア創出のために、アイデアソンの前にはドローンの操縦体験の場を用意。実際に触って、イメージが膨らむ土台作りをする。また、インプットセミナーと称して、専門家からテーマに関する知識や情報を学ぶ場も提供。さらに、アイデアワークショップで、コミュニケーションツールやブレインストーミングなどの手法を使って幅広いアイデア出しのスキルを習得する。

イベントの概要

開催日時:12月24日 (土) 9:30~16:30
開催会場:秋田市にぎわい交流館AU (あう) [秋田市中通1-4-1]
定 員:16名
参加費:事前登録制、当日現金清算 男性3000円、女性2000円、学生無料 (要学生証)
その他、家族割、カップル割、シルバー割などあり。
応募締切:12月19日23:59まで

申込

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス