1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 内田洋行が大阪工業大「梅田キャンパス」の新しい学びを支援

2017年3月7日

内田洋行が大阪工業大「梅田キャンパス」の新しい学びを支援

内田洋行は7日、大阪工業大学が、これからの”ものづくり”を支える人材の育成を目指し、大阪市北区に新しくオープンする「梅田キャンパス」の支援を行ったと発表した。

キャプチャ0

大阪工業大学 梅田キャンパ

大阪工業大学は、4月、大阪府大阪市北区茶屋町に梅田キャンパスをオープンする。地上21階、地下2階という同キャンパスには、同大学が新たに開設する「ロボティクス&デザイン工学部」が入る。

「ロボティクス&デザイン工学部」では、技術とデザインを融合した新しい学びを通し、新しい時代のものづくりと社会の発展を支える人材の育成を目指す。

そのために、梅田キャンパスの8階、9 階に、「ロボティクス&デザインセンター」「イノベーションラボ」を設置。実践式の産官学民連携のプラットフォームとして共同研究を推進する。

キャプチャ1

産学連携を進めるオープンラボ

この空間では、アクティブ・ラーニングを実践するための環境を整備し、デザイナーの手法を効果的に利用して解決案を導きだす”デザイン思考”の育成も支援する。なお、空間構築ソリューションとして、 柔軟に空間を構築できる内田洋行の「SmartInfill(スマートインフィル)」を全面に採用している。

キャプチャ2

4 学年が一斉に学ぶ「デザインスタジオ」

梅田キャンパスではさらに、主体的に学び研究する場「ラーニング・コモンズ」、学生が自然と集まる「語らいの場」、4学年が一斉に学ぶ「デザインスタジオ」を設置。

また、”マルチOS、マルチデバイス”環境の整備、学生参画型のキャンパスづくり「ファニチュアデザインプロジェクト」の実施などを通し、 これからの”ものづくり”に対応する人材の育成に取り組んでいく。

内田洋行は、「梅田キャンパス」全館の空間デザインプランを作成したほか、納品管理など、プロジェクトマネジメントを実施。「ファニチュアデザインプロジェクト」の運営も行う。

関連URL

大阪工業大学 梅田キャンパス

内田洋行

 

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス