1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クーバー、サッカーコーチの英語力向上にAI英会話アプリを導入

2017年4月25日

クーバー、サッカーコーチの英語力向上にAI英会話アプリを導入

ジョイズは24日、サッカースクール国内大手のクーバー・コーチング・ジャパンへ、コーチの英語力向上を目的としたAI英会話アプリ「TerraTalk (テラトーク)」の導入を開始した。

0425-cb昨今はスポーツ界においても英語化の波が押し寄せ、プロのアスリートとして世界で活躍するためには、英語でのコミュニケーションスキルの習得が不可欠であり、スポーツスクールで英会話も学ばせたいと考える親が増えてきている。

一方、クーバーでは英語サッカークラスの開催に向けて、指導者であるサッカーコーチの英語力向上を図っているが、限られた時間と費用の中で、全国にいるコーチへ英語学習の機会を統一して提供することが課題だった。こうした状況から、これまで専門分野に特化した英会話教育のノウハウを蓄積してきたジョイズが、クーバーと共同で、サッカーのレッスン時に英会話を習得できるプログラムを開発することとなった。

TerraTalkは、AIが発音や表現のレベルを診断し、英語4技能を学習できる英会話アプリ。「恋人との会話」「空港のバゲージクレーム」などの実生活のシーンに沿ったコースから、「ウェイター」「ソフトウェア・エンジニア」など職業別のコースまで、豊富なコースが用意されている。

クーバーでのTerraTalkの導入により、コーチは好きな時間にアプリを使って、サッカーに必要な英語を集中的に学ぶことが可能となる。サッカーの試合や練習時によく使われる英語コース、受講者の学習進捗や英語レベルのフィードバックなどが提供される。教材の共同開発を目的とした導入のため、当面は無料で実施される。

ジョイズでは、クーバーの2020年の国内全141拠点での英語サッカークラス開催の実現に向けてサービスの開発を目指すとともに、今後は他の教育事業領域でも指導者へのサービスを提供していきたいとしている。

関連URL

TerraTalk

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス