1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「3Dプリンター活用技術検定試験」2017年度前期受験受付を開始

2017年6月29日

「3Dプリンター活用技術検定試験」2017年度前期受験受付を開始

コンピュータ教育振興協会 (ACSP) は、今年9月10日に実施する2017年度前期「3Dプリンター活用技術検定試験」の受験受付を開始した。

同協会が主催・運営する「3Dプリンター活用技術検定試験」は、3Dプリンターに関する知識や材料、CADデータの取り扱いなどの知識レベルが一定の水準に達していることを評価、認定するもので、2016年に創設された。第1回となる2016年度後期試験 (今年2月実施) では、約300名の申し込みがあったという。

また、同検定の公式ガイドブックは、3Dプリンターに興味のある学生やエンジニアとして活躍している社会人が、3Dプリンターを産業として活用するために必要な知識を体系的に身につけることができる内容となっている。日経BP社発行で定価3000円 (税別)。

同協会では、検定試験ならびに公式ガイドブックを通じて、3Dプリンター活用への道筋を提示し、市場の活性化ならびに市場が求める人材の育成を支援していきたいとしている。

試験の概要

試験日 : 9月10日 (日)
試験時間 : 60分
受験資格 : 特になし
試験方法 : マークシート形式による真偽方式および多岐選択方式 (60問)
受験料 : 8000円 (税別)
受験会場 : 全国6都市 (札幌、仙台、東京23区、名古屋、大阪、福岡の予定)
試験科目 : 3Dプリンターのメリット・3Dプリンターの仕組みとプロセス・3Dプリンターの活用

関連URL

コンピュータ教育振興協会ACSP

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi オンラインセミナー2020 新学習指導要領を見据えた学校グランドデザインとICT活用を考える 3校の事例講演あり 11/14(土)
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 快適なテレワークに必要なのは、業務用Wi-Fiの活用! ~withコロナ時代に実践企業から学ぶ~ 会期:2020年11月17日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛: FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス