1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「3Dプリンター活用技術検定試験」2017年度前期受験受付を開始

2017年6月29日

「3Dプリンター活用技術検定試験」2017年度前期受験受付を開始

コンピュータ教育振興協会 (ACSP) は、今年9月10日に実施する2017年度前期「3Dプリンター活用技術検定試験」の受験受付を開始した。

同協会が主催・運営する「3Dプリンター活用技術検定試験」は、3Dプリンターに関する知識や材料、CADデータの取り扱いなどの知識レベルが一定の水準に達していることを評価、認定するもので、2016年に創設された。第1回となる2016年度後期試験 (今年2月実施) では、約300名の申し込みがあったという。

また、同検定の公式ガイドブックは、3Dプリンターに興味のある学生やエンジニアとして活躍している社会人が、3Dプリンターを産業として活用するために必要な知識を体系的に身につけることができる内容となっている。日経BP社発行で定価3000円 (税別)。

同協会では、検定試験ならびに公式ガイドブックを通じて、3Dプリンター活用への道筋を提示し、市場の活性化ならびに市場が求める人材の育成を支援していきたいとしている。

試験の概要

試験日 : 9月10日 (日)
試験時間 : 60分
受験資格 : 特になし
試験方法 : マークシート形式による真偽方式および多岐選択方式 (60問)
受験料 : 8000円 (税別)
受験会場 : 全国6都市 (札幌、仙台、東京23区、名古屋、大阪、福岡の予定)
試験科目 : 3Dプリンターのメリット・3Dプリンターの仕組みとプロセス・3Dプリンターの活用

関連URL

コンピュータ教育振興協会ACSP

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス