1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リアル脱出ゲーム×漢検、小学校向けコンテンツを共同制作

2017年10月24日

リアル脱出ゲーム×漢検、小学校向けコンテンツを共同制作

日本漢字能力検定協会は23日、遊んで漢字が好きになる小学校向け能動的学修教材「不思議な漢字洞窟からの脱出」を制作・公開した。

_prw_PI1ic_cs2EuGU5内容は、小学校6年生の授業用教材として小学校学習指導要領に沿って構成されており、国語だけではなく「総合的な学習の時間」にも対応できるように設計されている。従来の1人で行う漢字学習の形式とは異なり、「リアル脱出ゲーム」ならではのチームで協力して謎を解いていく形式により、児童たちの漢字能力を伸ばすだけでなく、仲間と協働する力や課題解決力、情報分析力などを育てることができるようになっている。

問題はすべて漢字にまつわる内容で、小学校の6年間に修得する漢字を使用している。謎解きは小問6つと大問1つから構成され、読み・書き・意味・筆順・熟語の構成・同音同訓異字といった、漢字を構成する要素に合わせた出題となっていて、漢字のさまざまな要素に触れることができる。

同教材はSCRAPと共同で制作。SCRAPとして初の小学校向け授業用教材となるという。SCRAPが得意とするプレイヤーを引き込む物語構成や、ワクワクする謎などを取り入れることで、児童を楽しませながら漢字の世界へ引き込む。また、ゲーム中に使うDVDからは、世界観に沿った音楽や映像が流れ、児童はゲーム感覚で楽しく漢字を学ぶことができる。同協会が9月25日に行った事前体験会では、多数の児童が「漢字が好きになった」と回答したという。

関連URL

不思議な漢字洞窟からの脱出

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス