1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 子ども見守りサービス「まもレール」サービス対象を首都圏111駅に拡大

2017年12月11日

子ども見守りサービス「まもレール」サービス対象を首都圏111駅に拡大

東日本旅客鉄道 (JR東日本) とセントラル警備保障は、子ども見守りサービス「まもレール」のサービス対象駅を2018年1月9日から首都圏111駅に拡大する。

LL_img_145030_1「まもレール」は、子どもが「Suica」「PASMO」を使って対象駅の自動改札を通過すると、登録した保護者スマートフォンなどの携帯端末に「利用駅」「通過時刻」「チャージ残額」が通知される仕組み。電子メールへの通信のほか、「JR東日本アプリ」のプッシュ通知機能での配信も利用できる。

小学生、中学生、高校生 (満18歳の3月31日まで) が対象者で、「Suica」「PASMO」のICカードが対象となる (無記名式のカードでは利用できない)。子ども1人、保護者1通知先の場合の利用料金は月額500円 (税別) となっている。

同サービスは今年10月1日に山手線、中央線の57駅から開始されたが、新たにさいたまエリアや横浜エリアを中心に、京浜東北・根岸線など5線区54駅を加え、合計7線区111駅での利用が可能となる。さらに来春には、総武線、京葉線など8線区133駅を加え、首都圏を中心に合計15線区244駅にサービス対象駅の拡大を予定している。

関連URL

まもレール

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス