1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 競技プログラミングコンテスト「Hack to the Future」2月17日から開催

2018年1月24日

競技プログラミングコンテスト「Hack to the Future」2月17日から開催

フューチャーアーキテクトは、学生と社会人を対象としたオンライン競技プログラミングコンテスト「Hack to the Future」を、2月17日から開催する。

d4374-251-343321-0「Hack to the Future」は、出題された問題の要件を満たすプログラムを作成し、取得したスコアの高さを競うプログラミングコンテスト。高度なITスキルを持つ人材発掘の場として開催する。

予選と本選の2部構成からなり、学生・社会人を問わず誰でもオンラインで参加できる。予選・本選ともに解答時間は8時間で、プログラミングの正確さやアルゴリズム力に加えて、問題の本質を見極めて論理的に解決する思考力が試される。

なお、2019年度の新卒採用の対象となる学生のうち、同コンテストの予選で一定基準の成績を残した上位20名には、新卒採用選考の途中段階をパスして最終面接に参加できる権利が与えられる。

コンテストの概要

■予選
開催日時 : 2月17日 (土) 14:00~22:00
参加資格 : 「AtCoder」のアカウントを持っている人

■本選
開催日時: 3月3日 (土) 10:00から
開催会場: フューチャーアーキテクト東京オフィス
参加資格 : 予選の成績上位者30名 (詳細は本選参加者に連絡)

関連URL

フューチャーアーキテクト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス