1. トップ
  2. データ・資料
  3. 8割以上の中高生が「保護者との連絡は LINE」=MMD 研究所=

2018年3月27日

8割以上の中高生が「保護者との連絡は LINE」=MMD 研究所=

MMD研究所は26日、「中高生のデバイスの利用に関する調査」の結果をまとめ発表した。

同研究所では、テスティーのスマホアンケートアプリ「TesTee(テスティー)」で共同調査を行っており、今回はその第2弾。スマホを所有する12~18歳の中学生・高校生の男女 1104人を対象に、2月1~10日にインターネットで調査した。

0327mmd-1
それによると、自宅にある端末について聞いたところ、「固定電話」が74.1%と最も多く、次いで「PC(ノート)」57.1%、「PC(デスクトップ)」43.2%。また、「固定電話」が自宅にない中高生の23.8%が、「固定電話を使ったことがない」と回答した。

所有率が9.5%だった「スマートスピーカー」の種類は、「GoogleHome (Google)」が21.0%と最も多く、次いで「AmazonEcho(Amazon)」14.3%、「Clova WAVE(LINE)」10.5%。

0327mmd-2
スマホで保護者と連絡を取る際の手段については、「LINE(トーク)」が84.6%と最も多く、次いで「LINE(電話)」57.3%、「スマホの電話機能(080、090)」40.6%で、LINEでのやりとりが上位を占めた。

自宅にいる時にスマホを操作するシーンを聞いたところ、「自分の部屋で1人の時」が 85.8%と最も多く、次いで「家族と一緒にいる時」63.0%、「TVを見ながら」46.5%。

「家族と一緒にいる時」にスマホを操作する中高生に、家族との会話について聞いたところ、「画面を見て操作しながら、会話もする(操作がメイン)」が 58.6%と最も多く、次いで「各々が好きに過ごしているので、会話はない」が 26.9%、「スマホで見た情報を元に、会話をする(会話がメイン)」が 14.5%。

また、「PCを持っている」中高生に、PCの利用用途について聞いたところ、中学生で最も多かった利用用途は「ネットで検索」の57.1%、次いで「動画視聴」46.4%、「PCはあまり使わない」30.1%。

高校生では、中学生同様「ネット検索」57.1%、「動画視聴」44.6%が上位。3 位は「Word やExcelを使う」の30.5%で、中学生とは異なる結果となった。

PCを利用してできることは、中高生ともに「WordやExcelを使う」「音楽をモバイル端末にコピーする」「スマホのデータを同期する」が上位にランクインした。

関連URL

調査結果の詳細

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録