1. トップ
  2. データ・資料
  3. オンライン上の情報シェア、8割近くが「5年前より慎重に」 アドビ調べ

2018年3月9日

オンライン上の情報シェア、8割近くが「5年前より慎重に」 アドビ調べ

アドビは8日、消費者のコンテンツに関する意識調査「2018 Consumer Content Survey」の結果を発表した。

content-survey-001-1024x576この調査は米国、英国、フランス、ドイツ、日本の5カ国のデジタルデバイス(スマートフォン、タブレット、PCなど)を1台以上所有する18歳以上のユーザーを対象に実施。日本では1000人に調査し、2017年12月15日~21日にかけてデータを回収した。

日本の調査結果によると、オンライン上での情報のシェアに関して76%が「5年前に比べ気を付けるようになった」と回答。多くの人が以前より、情報のシェアに慎重になってきていることが分かったという。

特に、Z世代(18~19歳)では86%、ミレニアル世代(20~36歳)では80%が、より気を付けるようになったと答えている。

また、オンラインコンテンツに対しては、「家族や友人、同僚からのコンテンツ」を信頼し(37%)、最もよくシェアしている(40%)ことが判明。

信頼できるコンテンツとシェアしたいコンテンツが必ずしも同じというわけではなく、有名人や芸能人などからのコンテンツは良くシェアはされているが、信頼されているとは限らない。

コンテンツに対する重要度については、他国に比べ日本の回答者が「正確なコンテンツ」を最も重視している(日本89%、米国80%、英国84%、ドイツ74 %、フランス79 %)。

この結果からも、日本人に向けたマーケティングでは、ビジュアルやコンテンツの話題性と同時に、「正確で役に立つ情報」を提供することが重要なことが分かったという。

関連URL

アドビ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス