1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヤマハ、トライバンド対応で150台の端末を同時に接続できるAP

2018年4月9日

ヤマハ、トライバンド対応で150台の端末を同時に接続できるAP

ヤマハは、無線LANアクセスポイントの新たなラインアップとして、同社初となるトライバンドに対応した『WLX313』を2018年5月に発売する。

0409-ymh今回発売する『WLX313』は、オフィスや学校などの公共施設、ホテルなどの宿泊施設で使用する、トライバンドに対応した無線LANアクセスポイント。既発売の「WLX402」「WLX202」同様に、2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数帯(バンド)に対応したのに加え、さらに別でもう1つの5GHz帯に対応し、各バンドで最大50台、合計150台の端末を同時に接続することが可能。

また、5GHz帯を有効活用するため、接続台数自動分散機能やFast DFSを搭載。さらに、無線LANの見える化機能も搭載し 周辺の無線LANの状態を一目で確認することが可能。

管理機能では、無線LANコントローラー機能に対応し、同一ネットワーク内の本機を49台まで管理できまる。また、ヤマハルーターの「LANマップ」やスイッチ製品の「LANマップLight」で本機および配下につながっている端末の管理も可能。

関連URL

無線LANアクセスポイント製品情報サイト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス