1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヤマハ、トライバンド対応で150台の端末を同時に接続できるAP

2018年4月9日

ヤマハ、トライバンド対応で150台の端末を同時に接続できるAP

ヤマハは、無線LANアクセスポイントの新たなラインアップとして、同社初となるトライバンドに対応した『WLX313』を2018年5月に発売する。

0409-ymh今回発売する『WLX313』は、オフィスや学校などの公共施設、ホテルなどの宿泊施設で使用する、トライバンドに対応した無線LANアクセスポイント。既発売の「WLX402」「WLX202」同様に、2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数帯(バンド)に対応したのに加え、さらに別でもう1つの5GHz帯に対応し、各バンドで最大50台、合計150台の端末を同時に接続することが可能。

また、5GHz帯を有効活用するため、接続台数自動分散機能やFast DFSを搭載。さらに、無線LANの見える化機能も搭載し 周辺の無線LANの状態を一目で確認することが可能。

管理機能では、無線LANコントローラー機能に対応し、同一ネットワーク内の本機を49台まで管理できまる。また、ヤマハルーターの「LANマップ」やスイッチ製品の「LANマップLight」で本機および配下につながっている端末の管理も可能。

関連URL

無線LANアクセスポイント製品情報サイト

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
ICT教育ニュース Web展示会 プログラミング教室・ツール展 出展企業募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • ICT導入&活用公開セミナー 全国各地で開催中 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス