1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 小学3~6年生向け「無料プログラミング教育」の開催施設を募集

2018年5月28日

小学3~6年生向け「無料プログラミング教育」の開催施設を募集

放課後NPOアフタースクールは、小学3~6年生を対象とした無料のプログラミング教室「プログラミングの旅」の開催施設の募集を開始した。

この教育プログラムは、セールスフォース・ドットコムとソニーがサポートし、1都3県を中心に、今年度は15カ所で無料のプログラミング授業を開催するというもの。

経済、環境による教育格差に関係なく「だれでも」体験でき、小学校教員の研修や、教材提供の相談にも応じる。今後ますます注目を集める「プログラミング教育」あって、この「プログラミングの旅」は子どもが体感を持って学べる貴重な機会になっている。

万一、IT 環境が整っていなくても実施できる「Unplugged授業」と、オリジナルアプリや MESH(メッシュ)を使ったプログラミングが体験できる。機材はすべて無償で貸出してくれる。

また、女の子でも男の子でも楽しく学べる、生活に身近な題材をテーマにしたプログラミング内容になっているほか、各テーブルにはファシリテーターが付き、全員の参加を促しながらゲーム形式のミッション解決を目指してプログラミングに取り組んでいく。

プログラムの概要

募集時期:5月~6月末
募集対象:1都3県の公立小学校、公立学童、放課後活動、児童養護施設など
2018年実施上限:15カ所
プログラム実施時間:90分(45分×2回)
対 象:小学3~6年生
プログラム実施人数:1回につき約40人
費 用:無料

関連URL

プログラミングの旅

GIGAスクール構想 オンライン教育 1人1台PC整備・STEAMなど 役立つ講演を多数開催 経済産業省 商務・サービスグループ サービス政策課長(併)教育産業室長 浅野 大介/学校法人角川ドワンゴ学園 理事 夏野 剛 計23のセミナーを開催 事前申込制
AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス