1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本美術の知識が身につく無料の教養アプリがリリース

2018年6月18日

日本美術の知識が身につく無料の教養アプリがリリース

日本美術アプリ制作委員会は、日本画・洋画・浮世絵に関する国宝・重要文化財・名作の知識が楽しく学べるアプリ「差がつく!日本絵画三大ジャンルQ700」を、15日にAppstoreとGoogle Playでリリースした。

アプリのトップ画面

アプリのトップ画面

同アプリは、東京藝術大学卒業生で学芸員資格保有者の同委員会の山本 淳代表が制作。「今までありそうでなかった」日本絵画の教養が身につく美術クイズアプリだという。

クイズは全部で700問(浮世絵300問・日本画200問・洋画200問)の4択。作品にまつわる基本的な情報から、思わず人に話したくなるような豆知識まで、ユーモアを交えた内容になっている。

日本の伝統芸能を非公式でPRするオリジナルキャラクター「はんにゃん」が、易しい問題から難しい問題まで出題・解説。クイズに答えながら、日本橋から京都までの東海道五十三次を歩いて旅してレベルアップを目指す。

同アプリは、日本美術の中でもテーマを限定し、日本画・洋画・浮世絵に親しみ、歴史や文化などを見直すきっかけにしたいとの思いから、ダウンロード無料・アプリ内課金も最低価格にとどめたものを企画したという。

日本美術をテーマにしたクイズアプリは前例がなく、また、1人を除いて、著作権切れの作品画像を使用しており、ヴィジュアルを通じても名作に親しめる。今後、英語版のリリースも予定しているという。

関連URL

はんにゃん 日本絵画三大ジャンルQuiz700

KDDIまとめてオフィス タブレットの運用が不安 KDDIグループに全部お任せ!
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 大型提示装置の活用が“ぐん”と広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス