1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本美術の知識が身につく無料の教養アプリがリリース

2018年6月18日

日本美術の知識が身につく無料の教養アプリがリリース

日本美術アプリ制作委員会は、日本画・洋画・浮世絵に関する国宝・重要文化財・名作の知識が楽しく学べるアプリ「差がつく!日本絵画三大ジャンルQ700」を、15日にAppstoreとGoogle Playでリリースした。

アプリのトップ画面

アプリのトップ画面

同アプリは、東京藝術大学卒業生で学芸員資格保有者の同委員会の山本 淳代表が制作。「今までありそうでなかった」日本絵画の教養が身につく美術クイズアプリだという。

クイズは全部で700問(浮世絵300問・日本画200問・洋画200問)の4択。作品にまつわる基本的な情報から、思わず人に話したくなるような豆知識まで、ユーモアを交えた内容になっている。

日本の伝統芸能を非公式でPRするオリジナルキャラクター「はんにゃん」が、易しい問題から難しい問題まで出題・解説。クイズに答えながら、日本橋から京都までの東海道五十三次を歩いて旅してレベルアップを目指す。

同アプリは、日本美術の中でもテーマを限定し、日本画・洋画・浮世絵に親しみ、歴史や文化などを見直すきっかけにしたいとの思いから、ダウンロード無料・アプリ内課金も最低価格にとどめたものを企画したという。

日本美術をテーマにしたクイズアプリは前例がなく、また、1人を除いて、著作権切れの作品画像を使用しており、ヴィジュアルを通じても名作に親しめる。今後、英語版のリリースも予定しているという。

関連URL

はんにゃん 日本絵画三大ジャンルQuiz700

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス