1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「アンドロイドの人格権を考えるシンポジウム」8月開催

2018年7月30日

「アンドロイドの人格権を考えるシンポジウム」8月開催

二松学舎大学大学院文学研究科と大阪大学大学院基礎工学研究科(石黒研究室)は共催で、「アンドロイドの人格権を考えるシンポジウム」を、8月26日に二松学舎大 九段1号館 中洲記念講堂で開催する。

当日は、オープニングアクトとして、劇作家の平田オリザ氏作・演出の漱石アンドロイド演劇「手紙」も初上演する。

近い未来に、漱石アンドロイドに続いてさまざまな歴史的偉人のアンドロイドが作られていくことが考えられるが、私たち人間は、偉人の身体と人格をアンドロイドとして甦らせる権利を本当に持っているのか? もし持っているとすれば、それは誰に属し、何をしてもよい権利なのか?

こうしたテ-マを背景に、今回のシンポジウムでは、もし偉人をアンドロイドとして甦らせる権利を私たちが持っているのだとすれば、それはどのような権利であるのかを考えるための出発点となる、「偉人アンドロイド基本原則」を提案する。

「漱石アンドロイド」は、研究・教育のために、二松学舎大と大阪大が共同で2016年12月から運用している、夏目漱石を再現したアンドロイド。ロボット工学の第一人者・石黒浩氏が監修を務め、漱石の孫である夏目房之介氏が声を提供している。

開催概要

開催日時:8月26日(日)13:00~17:40(受付12:15~)
開催場所:二松学舎大学 九段1号館 中洲記念講堂(地下2階)[東京都千代田区三番町6-16]
参加登録:要(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料
申込期限:8月16日(木)
抽選結果:8月19日(日)18:00(当選者には当選通知メールを送信)

詳細・申込

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス