1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アプリ「DRONE STARプログラミング」、第2弾対応ドローンに「Tello」

2018年8月1日

アプリ「DRONE STARプログラミング」、第2弾対応ドローンに「Tello」

ORSOは、ドローンプログラミングを学べるスマートフォンアプリ「DRONE STARプログラミング」に、DJIが技術提供するRyze Tech社製のトイドローン「Tello」を、8月6日から対応ドローンとして追加する。

d28871-21-817475-0「DRONE STARプログラミング」アプリは、送信機 (プロポ) を使わず難しいコードを書かなくても、ドローンの操縦制御を直感的にプログラミングできる、プログラミング思考を身につけるためのアプリ教材のエントリーモデル。

誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるプログラミング編集画面では、前進、回転などの動作を制御する機能ブロックを、時間軸に沿ってタイムラインに配置し、ドローンに指令を出しプログラム飛行させることでミッション達成を目指す。この直感的なプログラミング編集画面を軸に、「ミッション機能」に課題となるさまざまなミッションを収録している。

また「検証動画撮影機能」を搭載し、プログラムが完成したあとで実際にドローンをプログラム飛行させる様子を、作成したタイムラインとともに検証動画として撮影することができる。

「Tello」は、重量約80gでDJIの高度なフライトテクノロジーとビジョンポジショニング・システムなどを搭載しており、「DRONE STARプログラミング」アプリと合わせて活用することで、子どもから大人まで誰でもプログラミングの基礎を楽しみながら学ぶことができる。「DRONE STARプログラミング」の第1弾対応「DRONE STAR 01」に続いて、第2弾対応ドローンとなる。

なお、8月6日から「DRONE STARプログラミング」料金の改定が行われる。「DRONE STARプログラミング」販売代理店拡大に伴う導入窓口の増加などにより、これまでの8プランの料金設定から、アプリ決済可能な即時性の高いシンプルな2プランに改訂し、より分かりやすい料金形態に見直される。

関連URL

Tello

DRONE STAR

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス