1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」販売開始

2018年8月22日

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」販売開始

テラドローンは、ドローン自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の一般向けアプリの販売を、20日から開始した。

d20194-60-709415-0「TERRA UTM」は、ドローンの自動航行を現場や遠隔地から確認・操作することができるだけでなく、ドローン保険も付帯。ドローンを、より身近・安全に利用できるようになる。

UTM(Unmanned Traffic Management)は、目視外飛行・第三者の上空での航行を実現するための技術。電波を活用した遠隔管理や、衝突を防止することで、安全な運行をサポートする。

「TERRA UTM」には、ドローンの飛行計画の管理機能(ミッションプランニング機能)、飛行エリアの管理機能、衝突検知機能が付いている。

また、「TERRA UTM」を利用したことで対人・対物の賠償責任が生じた場合、自動的に含まれているドローン保険で最大1億円までカバー。

さらに、同社の既存サービス「TERRA MAPPERクラウド版」との連携で、従来アプリやサービスでは実現できなかったドローンの自動航行、データの3次元化、その後のデータ解析・共有まで、シームレスなサービス利用ができるようになる。

従来は複数のソフト・サービスの使用が必要だったが、一気通貫でサービスが利用できるようになり、作業時間や余分なコストを抑えることができる。

なお、TERRA UTMの対象機種は、Phantom 3および4 シリーズ、Spark、Inspireシリーズ、Matrice 100・200・600シリーズ。アプリを操作するタブレット端末は、iPad mini 4、iPad Air2、iPad Pro(iOS 11以降)。

関連URL

TERRA UTM

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス