1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルク、コンテンツ選択型英文法アプリ「タテ×ヨコ」発売

2018年11月21日

アルク、コンテンツ選択型英文法アプリ「タテ×ヨコ」発売

アルクは20日、プレイスクエアと共同で、アルクの英文法学習書籍「タテ×ヨコ」シリーズを元としたコンテンツ選択型iOS版アプリ「タテ×ヨコ」をAppStoreで提供開始した。

d888-1104-598959-0同アプリでは、「タテ」7マスには基本的に主語を、「ヨコ」3マスには置き換えるフレーズのパターンを用意。それをアプリ画面で指で動かし、動詞の活用を認識しながら英文を完成させ、語句を置き換えながら核となる英文を何度も繰り返して自然に習得を目指す。

語句を入れ替えて英文をどんどん作って音読していくことで、いつのまにか英語が口から出てくるように工夫されている。文法用語不要のパターンプラクティスで自然に英文の型を体に染み込ませていくため、文法に苦手意識のある人や、英検3~5級に挑戦する小学生の役に立つことが期待される。

さらに、書籍版にはないアプリ版だけの機能を搭載。音声認識を使用したビジュアル判定つきの「発音練習」機能。シリーズ6冊に収録されているすべてのセンテンスを検索できる「統合検索」機能。通勤通学中や家事などのスキマ時間を有効に使える「まとめて聞く」機能。また、覚えたいセンテンスのみを集めて覚えることができる「お気に入り」機能が利用できる。

そのほか、アプリ内購入のオプション機能として、本文すべてのセンテンスに対してリアルタイムに添削してくれる「EasyWriting」機能を搭載。間違えたスペル、形態、文法、熟語、語順を直してくれるのはもちろん、詳細な解説と文法説明を表示する。

また、15種類のテスト形式から選択できる総合テスト機能では、問題数はもちろん、問題形式、解答形式などを自由に設定してとことんテストできる。さらに、本文すべてのセンテンスについて発音練習ができる発音集中トレーニング機能も搭載している。

価格は1コンテンツ840円。オプション機能の添削、総合テスト、発音集中トレーニングの各機能は600円。3つのオプション機能がセットになったパッケージプランは1200円となっている。

関連URL

「タテ×ヨコ」アプリページ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス