1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「シリアスゲームジャム」で総合学園ヒューマンアカデミー学生が最優秀賞

2018年12月27日

「シリアスゲームジャム」で総合学園ヒューマンアカデミー学生が最優秀賞

「総合学園ヒューマンアカデミー」は26日、「第7回シリアスゲームジャム」で秋葉原校ゲームカレッジの学生が最優秀賞を獲得したことを明らかにした。

出場者:前列、宇留賀さん、後列左から 西澤さん、林田さん、榎本さん、市川さん

出場者:前列、宇留賀さん、後列左から 西澤さん、林田さん、榎本さん、市川さん

同大会は、教育や社会問題などをテーマとして、専門家とゲーム開発者、ゲーム制作に興味のある学生、社会人らが力を結集し、3日間でシリアスゲームを制作するゲーム開発イベントで、2014年から開催されている。

今回のテーマは「みんなのバリアフリー」で、ゲームのアクセシビリティに対する理解向上を目的に、「障がい者と健常者が同じ土俵で競うことができるデジタルゲーム」の制作に、国内外から28名が参加して、今月9日、15日、16日に東京都千代田区の国立情報学研究所で開催された。

大会1日目には、専門家による事前講習会と、チーム編成および制作するゲームの企画が行われた。2日目、3日目には、初日に企画した内容をベースにしたゲームのデザインと制作に取り組み、最終プレゼンテーションを行い、「解決すべき課題がゲームのカタチで解決されようとしているか」「魅力的なゲームとしての要素が盛り込まれているか」という点を基準に審査されたという。

秋葉原校ゲームカレッジからは5名の学生が参加。そのうち、ゲームカレッジプランナー専攻1年生の市川明利さんがリーダーを務めたチームが制作した「WORD CROSS」が最優秀賞を獲得した。最優秀賞に選ばれた作品は、1月に開催される「台北ゲームショウ2019」に出展される。

また、ゲームカレッジプランナー専攻1年生の林田悠汰さんがリーダーを務めたチームの「キーボード海賊バトル」がエクセレントデザイン賞を受賞。ゲームカレッジ企画シナリオ専攻2年生の宇留賀一宣さんが参加したチームの「がん2しゅーてぃんぐ」がオランダ大使館特別賞を受賞した。

関連URL

シリアスゲームジャム

総合学園ヒューマンアカデミー

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス