1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 探究型キッズプログラミング教室アルスクールが教室開放サービス開始

2019年2月25日

探究型キッズプログラミング教室アルスクールが教室開放サービス開始

アルスクールは、教材を自由に使って遊び、学べる教室開放サービス「Playful Time」を、アルスクール自由が丘校で2月から提供開始した。

0224-al
アルスクールは、探究型学習を実践する小学校の教員が組んだカリキュラムを、生徒の個性や学ぶ意欲に合わせて展開し、ものづくりとプログラミング教育を通じて子どもたちに未来につながる力を学ぶ場を提供するプログラミング教室。昨年12月にオープンした自由が丘校では、新たなサービスとして教室開放サービス「Playful Time」を提供する。

Playful Timeは、アルスクールのクラスで普段使用するPCやタブレットなどを自由に使って遊び、学べる時間で、使用できるデバイスや教材はノートパソコンのChromebookやタブレットのiPad、BBC開発のmicro:bit、レゴBOOST、キュベット、CodeMonkey、Scratchなど。教材以外にも、アルスクールにある工作の道具や段ボールなども自由に使える。

保護者も参加して親子で楽しむことができ、スタッフは教えるのではなく一緒に遊ぶだけ。参加する年齢もさまざまなので、子ども同士で教え合ったり相談したり創造したり、普段のクラスよりも幅広いコミュニケーションの機会が得られるという。

開催概要

開催日時 : 毎月第1~第4金曜日と土曜日。金曜日15:00~19:00、土曜日14:30~18:00 *春休みは他の曜日も開催する。
開催場所 : アルスクール自由が丘校 [東京都目黒区自由が丘1-23-24サンテラス自由が丘102]  https://arschool.co.jp/school/jiyugaoka
参加費 : アルスクールキッズおよびその保護者は無料で利用できる。一般のキッズ (3歳~中学3年) は、最初の1時間1200円、以後10分ごとに200円 (税別)。付き添いの大人は最初の1時間600円 (税別) 、延長料金はなし。
*予約した人を優先

関連URL

「Playful Time」の詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス