1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ClassiアドバイザーにAI×教育の第一人者・電気通信大の植野教授が就任

2019年2月27日

ClassiアドバイザーにAI×教育の第一人者・電気通信大の植野教授が就任

Classiは26日、人工知能(AI)の技術の一つであるベイジアンネットワーク研究の権威で電気通信大学大学院教授の植野真臣(うえの・まおみ)氏を、アドバイザーとして招聘したと発表した。

0227-cls

植野 真臣氏(後列中央)、加藤 理啓(Classi 代表取締役副社長、後列左)、Classiデータサイエンティストおよび植野研究室のメンバー

今後、Classiでは、植野教授の協力のもと、アダプティブラーニングをはじめとする、人工知能を活用した新たな学習手法の研究・開発をさらに加速していくという。

植野教授は、ベイジアンネットワークの研究で博士号を取得。2000年には、世界に先駆けeラーニングシステム「Samurai」を開発。

詳細な学習履歴データを大量に蓄積し、機械学習を用いてアダプティブに学習支援を行うシステムとして、当時、世界最大のeラーニングの国際学会「E-Learn」で3回(2004年、2005年、2007年)論文賞を受賞している。

同社は、クラウド型学習支援プラットフォーム「Classi」の提供を通じて、アダプティブラーニング、アクティブ・ラーニング、コミュニケーション、ポートフォリオの4つの視点で「新たな学び」を支援している。特に、高校領域において強みを持ち、全国の高校(約5000校)の4割超となる約2100校に導入され、国内のトップクラスのシェアを誇っている。

関連URL

Classi

植野教授の略歴

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス