1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本マイクロソフト、「Society 5.0」に向け公共機関のクラウド利用促進プログラム

2019年5月20日

日本マイクロソフト、「Society 5.0」に向け公共機関のクラウド利用促進プログラム

日本マイクロソフトは17日、昨年10月に開始した「マイクロソフト 公共機関向けクラウド利用促進プログラム」の最新状況について発表した。「マイクロソフト 公共機関向けクラウド利用促進プログラム」は、政府の提唱する「Society 5.0」や政府情報システムを整備する際の「クラウド・バイ・デフォルト原則」といった基本方針に沿って政府・自治体、教育、医療などの公共機関におけるクラウドサービスの導入、移行、利用推進を支援するプログラム。

MS資料

マイクロソフト 公共機関向けクラウド利用促進プログラム

クラウドサービス導入に欠かせない人材育成プログラムとしては、2020年までに対象公共機関から4万人のクラウド活用トレーニングへの参加を目標に掲げており、現時点で数千人規模が学習を終えている。7月からは、オンライントレーニングを提供することでクラウド人材の育成を加速する予定だ。単なるオンプレミスからクラウドへの移行ではなく公共機関のデジタルトランスフォーメーションを実現するには、AIを活用して事務プロセスを変革できるAI人材を育成する必要があると考え、同社が米国で開校している「AIビジネススクール」を日本でも展開するという。

発表する佐藤知成 執行役員常務

発表する佐藤知成 執行役員常務

「クラウド・バイ・デフォルト原則」とは言っても、それぞれの組織においては検討が始まったばかりの段階だという。検討をする公共機関からの事例を望む声に応えて大学向けのMicrosoft 365ユーザー会、医師向けのHoloLensユーザーコミュニティといったユーザーコミュニティづくりにも力をいれている。各組織での課題と解決方法の共有、新たなクラウドサービスの利活用方法への気づきといった様々な取り組みを公共機関と日本マイクロソフトとで共創しており、今後も力を入れていきたいという。

パートナー企業との連携で提供するクラウドソリューションについては、200の目標に対して、現時点60のサービスをAzure上で提供済みだ。

世界に目を向けると、米英政府などクラウド導入において日本より5年ほど先行している国がある。日本マイクロソフト社内の公共機関を支援するクラウドエキスパート人材は、当初の目標である200名の育成を既に達成しているが、今後は社内人材がマイクロソフト本社と連携することで、先行する実証済みの各国の知見を日本で活かすようにしていきたい、と発表の最後に佐藤知成 執行役員常務は語った。

関連URL

プログラム詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス