1. トップ
  2. 学校・団体
  3. TDBと滋賀大、データサイエンス分野の発展に向け共同研究センターを設立

2019年7月12日

TDBと滋賀大、データサイエンス分野の発展に向け共同研究センターを設立

帝国データバンク(TDB)と滋賀大学は11日、共同研究センター「Data Engineering and Machine Learning(DEML)センター」を設立したと発表した。

DEMLでは、膨大な企業データの研磨技術を有する帝国データバンクと機械学習技術を有する滋賀大学が共同して、企業が持つデータマネジメントの課題に取り組むとともに、そのために必要な人材育成や実際の企業データを使った研究を行う。

滋賀大学で開講しているデータ研磨の集中講義を受講し、一定のレベルのノウハウを習得した学生を研究支援者として採用し、実際の企業データを使ったデータ研磨実務、機械学習を行うことで、高度なデータエンジニアの育成、ならびに、より実践的な共同研究を実施する。

当初は、大阪の能勢鋼材が持つ営業と物流のデータを研磨し、企業ビッグデータとともに機械学習することで、生産・素材管理・配送活動の最適化を目指した研究をスタートさせ、今後は共同研究を別途募集する。

関連URL

帝国データバンク

滋賀大学

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス