1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」応募受付を開始

2019年7月16日

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」応募受付を開始

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」は12日、応募受付を開始した。

0716-rb
「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」は、世界中から中高生が開発した国産プログラミング言語Rubyを使用したプログラム作品を募集し、プログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さ等の観点から優秀な作品を選出し表彰するもので、今年で9回目の開催となる。

募集は「ゲーム部門」とWebアプリケーション、各種ツール、ロボット制御等ゲーム以外のプログラム作品の「クリエイティブ部門」で行われ、「ゲーム部門」「クリエイティブ部門」とも、公式ウェブサイトで、7月15日から 9月30日まで応募を受け付ける。

11月上旬の一次審査では応募者のプログラミング力の向上のためにRubyエンジニアによるソースコードのレビューが行われ、その内容は応募者にフィードバックされる。

12月7日に行われる最終審査会では、一次審査を勝ち抜いた約10 組がプレゼンテーションを行い、Ruby開発者まつもとゆきひろ審査委員長他6名の審査員により審査が行われる。

「ゲーム部門」「クリエイティブ部門」各部門1組ずつに最優秀賞、優秀賞がそれぞれ授与される他、その他の作品についても賞が授与され、いずれの作品に対しても副賞として情報機器が授与される。

関連URL

公式ウェブサイト

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス