1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. カスペルスキー、サイバー犯罪組織「Cloud Atlas」が行う攻撃手段の強化を発見

2019年8月23日

カスペルスキー、サイバー犯罪組織「Cloud Atlas」が行う攻撃手段の強化を発見

カスペルスキーのグローバル調査分析チーム(GReAT)は22日、サイバー犯罪組織「Cloud Atlas」がポリモーフィック型マルウェアによりAPT攻撃を強化したことを発見したと発表した。

以前のCloud Atlasの攻撃は、最初に悪意のある添付ファイルを含むスピアフィッシング メールを標的に送信。感染に成功した場合、初期偵察およびその後の悪意のあるモジュールのダウンロードに使用されるマルウェア「PowerShower」を実行し、サイバー攻撃者がオペレーションを続行できるようになっていた。

強化された新しい感染チェーンでは、このPowerShowerの実行が攻撃の後の段階まで引き延ばされ、代わりに最初の感染後、悪意のあるHTMLアプリケーションをダウンロードし、標的のコンピューター上で実行するようになった。このアプリケーションは、次に、攻撃対象のコンピューターに関する情報を収集し、「VBShower」という別の悪意のあるモジュールをダウンロードして実行する。

VBShowerは、システム内にあるマルウェアの存在に関する証拠を消去し、指令サーバー経由で受信したコマンドに応じて、PowerShowerまたはCloud Atlasが所有する別のよく知られている第2段階のバックドアをダウンロードして実行する。

この新しい感染チェーンは以前のモデルよりも非常に複雑で、その主な違いは、悪意のあるHTMLアプリケーションおよびVBShowerモジュールがポリモーフィック型であること。いずれのモジュールのコードも、感染ごとに新しい固有のものに変化し、IoC(脅威の痕跡)情報に頼るセキュリティソリューションによる検知を回避するために実行される。この新しい感染チェーンは、東欧、中央アジア、ロシアのさまざまな組織で実際に発見されているという。

関連URL

Cloud Atlasの詳細(英語)

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi Webセミナー 大好評の東京女子学園講演「ポートフォリオを進路指導に活かす方法」 11.26(火) 開催
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス