1. トップ
  2. データ・資料
  3. アルファ、母親対象に「子育ての振り返りと意識調査」実施

2019年9月2日

アルファ、母親対象に「子育ての振り返りと意識調査」実施

アルファコーポレーションは8月30日、中学生~成人未満の子どもがいる母親1000人以上を対象に実施した「過去の子育てについての振り返りと意識調査」の結果を発表した。

それによると、まず、「子どもの教育の中で心配・不安を感じたことはあるか?」と質問したところ、最も多かった回答は「時々感じることがあった」(42.0%)で、以下「とても感じた」(37.8%)、「なんとなく感じた」(11.8%)、「感じたことはなかった」(8.4%)の順。8割近くの母親が、子どもの教育で心配・不安を感じたことがあった。

では、「何が心配・不安だったか?」聞いたところ、「学習能力(読み書きや計算)」(57.0%)が最も多く、以下「コミュニケーション(会話)」(49.3%)、「日常生活(起きる・片づける)」(49.1%)、「理解力(自分で考える)」(43.8%)など、様々な意見が挙げられた。

また、「勉強学習に対して心配・不安に思ったことは何か?」聞いたところ、「テストなどの点数」(30.1%)、「文章の読み書きが苦手」(25.7%)、「図やグラフの把握が苦手」(14.3%)の順だった。

「勉強学習で心配・不安に感じたのは子どもがどの段階の時か?」聞いたところ、半数以上が「中学生未満」(53.0%)と回答。中でも「小学1年生」の割合が最も多く、心配・不安を感じてから対策を始める母親が多かった。

「能力に対して心配・不安に思ったことは何か?」を質問したところ、「言われないと動かない」(28.2%)、「片づけることが苦手」(25.0%)、「言うことを聞かない」(15.5%)の順。

「能力で心配・不安に感じたことの対策は、いつから始めたか?」を聞いたところ、7割近くが「中学生未満」(68.8%)と回答。割合では、やはり「小学1年生」が最も多く、こちらも心配・不安を感じてから対策を始めた母親が多かった。

次に、「それぞれ(勉強学習・能力)に対してどのような対策を行ったか?」と質問したところ、対策を行った母親のほとんど(能力に至っては7割以上)が、子どもの自主性に任せていることが判明した。

また、「子育てを振り返り、勉強学習と能力のどちらが重要だと感じたか?」と聞いたところ、「能力だと思う」が60.4%で、「勉強学習だと思う」が39.6%だった。

この調査は、中学生~成人未満の子どもがいる全国の母親1147人を対象に、8月23日~26日にかけてインターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

アルファ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス