1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. データサイエンティスト養成「DataRobot AIアカデミー」第2期受講者を募集

2019年9月13日

データサイエンティスト養成「DataRobot AIアカデミー」第2期受講者を募集

DataRobotは、データサイエンティスト養成に特化した短期プログラム「DataRobot AIアカデミー」の第2期を10月30日から開始する。それに先駆け、12日から参加者の募集を開始した。

今回募集する第2期では、対象者をDataRobotユーザー企業全般に拡大するとともに、参加者数を大幅に増員し、日本企業が自社でAI活用を推進し、成功に導けるように改善したプログラムを開催する。

同プログラムを修了したデータサイエンティストは、自動化ツールを使わなくてもLinux、SQL、Pythonなどの生の技術ツールを使い、分類・回帰問題だけでなく、時系列や異常検知といった難易度の高いテーマに一人で対応できるようになる。また、機械学習モデルから有益なインサイトを抽出し、必要に応じて精度向上を自ら行える能力を身につける。さらに、組織におけるAI活用を先導し、技術の導入・民主化を成功に導くためのノウハウを兼ね備えた人材として、企業のAI戦略を加速させる中核的存在となることが期待される。

プログラムでは、機械学習の活用に適したテーマの設定方法から実践的なデータの準備、特徴量エンジニアリング、予測モデルの構築、インサイトの抽出、モデルのデプロイ、予測モデルの活用、監視・管理の方法などの実業務に関する講義に加え、組織におけるAIの民主化を実現するためのプログラムまで、同社の知識を詰め込んだカリキュラムを講義、課題、試験の組み合わせで提供する。

特にモデリングにおいては、Kaggle上にオリジナルコンペを開催し、競技スタイルで精度を競い合う。また座学に加え、参加者自らが現実のテーマとデータを持ち込んで実プロジェクトに応用する「卒業テーマ」の発表を経て、卒業にいたる。

実施期間は10月30日(水)~来年2月26日(水)。10月7日(月)16:00~18:00に事前説明会を予定している。講義は毎週水曜日に8時間実施、講義終了後、1~2日間を要する課題に取り組み、毎週月曜に提出する。

参加対象者はDataRobotを利用した機械学習の利用経験、SQL、プログラミング(言語不問)の経験のある人。募集人数は30名。受講費用は1人あたり150万円(税別)。

関連URL

DataRobot, Inc.

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス