1. トップ
  2. データ・資料
  3. 今後のビジネスパーソンにとって重要な知識やスキルは「英語」 = IIBC 調べ=

2019年10月11日

今後のビジネスパーソンにとって重要な知識やスキルは「英語」 = IIBC 調べ=

日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)
は9日、TOEIC Programを活用している企業・団体における英語教育・英語活用の実態調査とビジネスパーソンの職場での英語に対する意識についての調査を行い、その調査結果を英語活用実態調査として発表した。

調査の内容は、(1)企業・団体における英語の位置づけ、(2)ビジネスパーソンの英語に対する意識、(3)企業・団体におけるTOEIC Programの活用について、の3 部構成となっている。


企業・団体における英語の位置づけでは、「今後のビジネスパーソンにとって重要な知識やスキル」について尋ねたところ、回答企業の82.6%が「英語」を選択。続く「コミュニケーションスキル(聞く・理解する・伝える)」と並び、多くの企業で重要視されていることが分かった。


ビジネスパーソンの英語に対する意識では、「普段の英語の学習状況」で、全体の39.9%が普段から英語を学習していると回答。TOEIC L&Rスコア帯別にみると「800点以上」の58.3%、「600~800点未満」の43.9%、「600点未満」の36.6%が普段から英語を学習しているという結果だった。また、1週間のうち英語の学習にあてる時間は、全体では平均3時間42分だった。TOEIC L&Rスコア帯別にみると「800点以上」が6時間4分と特に長いことがわかった。


企業・団体におけるTOEIC Program の活用では、新卒採用時で「要件としている」が4.2%、「参考としている」が44.9%と半数近く、英語を使用する部署の中途採用では要件としている」が10.2%、「参考としている」が43.6%で、半数を超える企業が利用していることがわかった。

この調査は、2017年1月~2018年8月に、TOEIC Programの公開テスト団体一括受験申込あるいは団体特別受験制度(IPテスト)を利用した2442の企業・団体を対象に、2018年11月~2019年2月の期間、WEB 調査、質問紙郵送調査を併用で行われた。有効回答数は528。

関連URL

調査の詳細

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス