1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 採用前からスキルが分かる「エンジニア採用プラットフォーム」の提供開始

2019年10月17日

採用前からスキルが分かる「エンジニア採用プラットフォーム」の提供開始

ギブリーは16日、採用前からスキルが分かるエンジニア採用プラットフォーム「athletics(アスレチックス)」の提供を開始した。

このプラットフォームは、求職者にプログラミングやデータサイエンスに関する実践的な問題に挑戦してもらうことでスキルを判定し、企業の採用担当者がスキルにマッチした人材に直接オファーを送ることができる。

同社は、2016年から「track」というプログラミングスキルチェックツールを展開。3年で150社以上の企業が、新卒・中途の採用時のコーディング選考に活用するようになり、エンジニアの10万受験以上にも及ぶスキル評価データを集めてきた。

そこで今回、「track」で蓄積されたエンジニアスキル評価データと、これまでに培ってきたエンジニア候補者体験フロー設計のノウハウを集約し「athletics」を開発。

「athetics」に登録した求職者は、サービス上で出題される公式のプログラミングチャレンジに挑戦でき、解答を提出することでスキル判定を受けることができる。

登録企業は、これらのスキル判定の結果や、解答のソースコードデータ、ランキングなどの情報をもとに候補者に直接オファーを送ることができる。

また、企業は、自社独自のプログラミングチャレンジやデータサイエンスチャレンジを作成し公開することができる。オリジナリティの高いチャレンジの公開で、候補者のタレントプールをつくることが可能。

企業は、履歴書に記載される学歴や年齢などの基本情報だけでなく、候補者がどういった分野の能力を持っているのか、どのようなチームで活躍できそうかをイメージしながらオファーができ、効果的な採用につなげることができる。

現在、企業にはオリジナルチャレンジ公開機能を提供しているが、2020年からは、ダイレクトリクルーティング機能(直接候補者にオファーが送ることができる機能)をリリースする予定。

関連URL

athletics

track

ギブリー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス