1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 加賀市など3団体、「テクノロジー学習施設の拡充」にふるさと納税で資金調達

2019年11月21日

加賀市など3団体、「テクノロジー学習施設の拡充」にふるさと納税で資金調達

石川県加賀市、みんなのコード、トラストバンクの3者は20日、国内初の子ども向けテクノロジー学習施設「コンピュータクラブハウス加賀」の拡充を目的としたプロジェクトを開始した。

このプロジェクトは、トラストバンクのふるさと納税を活用した、クラウドファンディング型で寄附を募る仕組み「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)を活用。

募集期間は11月20日~2020年2月17日で、目標寄附金額は2000万円。返礼品は用意せず、寄附金全額を事業推進に使う。

「コンピュータクラブハウス加賀」は、子どもたちが学校外で「いつでも」「安全に」「テクノロジーに触れられる」国内初のコミュニティ施設。GCFで募った資金で2019年5月に開設し、800人超の子どもたちに利用されてきた。

しかし、施設内にある機材の質と種類が十分でなかったり、地方であるがゆえに身の回りにロールモデルがおらず、「職業」の具体的なイメージが湧かなかったりする課題があった。

そこで、今回のプロジェクトでは、寄附金を使って、高度なプログラミングに対応した高スペックのPCや動画・音楽・3Dモデリング・芸術活動関連機材を充実させる。

さらに、IT企業などで働く社会人を招いた講演会や、グローバルな視点を含むキャリア構築の機会を提供。子どもたちに、テクノロジーを通した自己実現ができる環境を提供する。

なお、加賀市の「コンピュータクラブハウス加賀」のプロジェクトは、30日に開催する国内最大のふるさと納税大賞「ふるさとチョイスアワード2019」の「未来を支える部門」最終候補にノミネートされている。

加賀市GCFプロジェクトの概要

募集額:2000万円
募集期間:20日~2020年2月17日(90日間)
寄附金の使い道:
・「コンピュータクラブハウスネットワーク」としての設備の拡充
・子どもたちにプログラミングやテクノロジーを指導する講師の費用
・クラブハウス本部Teens Summitへの子どもたちの渡航/滞在費
詳細

関連URL

コンピュータクラブハウス加賀

ガバメントクラウドファンディング(GCF)

ふるさとチョイスアワード2019

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス