1. トップ
  2. 学校・団体
  3. CureAppと慶應義塾大医学部が治療用アプリの長期有効性を確認

2020年5月22日

CureAppと慶應義塾大医学部が治療用アプリの長期有効性を確認

CureAppは慶應義塾大学医学部内科学(呼吸器)教室と共同でスマホアプリの治験を行い、ニコチン依存症治療アプリの有効性を確認したことを発表。21日、この研究論文が英誌「Nature」の関連誌「npj Digital Medicine」に掲載されたことを明らかにした。


同治験での9~24週における継続禁煙率は、対照群50.5%と比べて治療アプリを使用した治験治療群では63.9%となった。この差は統計学的に有意であり、ニコチン依存症治療アプリが禁煙の継続に寄与したことが証明された。

さらに9~52週における禁煙継続率を見ても治療効果が有意に保たれており、同アプリが1年後まで禁煙継続率を高めることが示された。このような禁煙治療アプリの画期的な効果を実証した大規模な臨床試験の報告は国際的に見ても前例がなく、この報告が初めてだという。

関連URL

論文閲覧

CureApp

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス