1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教員向け音読指導アプリ「リピートーク」、EdTech導入補助金活用プラン発表

2020年6月9日

教員向け音読指導アプリ「リピートーク」、EdTech導入補助金活用プラン発表

コトバンクは8日、先端的教育用ソフトウェア導入実証事業(「EdTech導入補助金」)を活用することで、1IDあたり月額200円負担(税別)で音読指導アプリ「リピートーク(RepeaTalk)」を導入できる「EdTech導入補助金活用プラン」を発表した。

「EdTech導入補助金」は、経産省がEdTechを学校などへの導入と実証実験を推進し、学校と教育産業の協力による教育イノベーションの普及を後押しすることを目的とした事業。

EdTech事業者が導入実証計画を作成・実行し、学校はその計画を承認した上でサービスを活用して効果検証を行う。

同社は、EdTech導入補助金の趣旨に賛同し、学校法人向けにEdTech導入補助金活用プランをリリースした。

同プランは、月額契約における1IDあたりの特別割引に加え、EdTech導入補助金の活用で学校負担が3分の1の費用で利用できるという内容。

クラス単位でテキスト・音声・練習方法の設定をするが、設定費用の負担はなし。学校法人負担は、生徒1ID月額200円で利用できる。通常は、月単位契約時は生徒1ID月額800円、1年間契約時は生徒1ID月額600円で提供。

補助対象期間(採択時:8月予定~2021年3月末)契約でも、生徒1ID月額600円で提供。また、設定・導入・検証をすべてオンラインで実施できる体制を構築した。

なお、同プランを利用できるは、EdTech導入補助金の要件を満たす全国の小・中・高校及びフリースクール。

関連URL

「EdTech導入補助金活用プラン」

「リピートーク」

コトバンク

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス