1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コトバンク、音読指導アプリ「リピートーク」で「EdTech導入補助金活用プラン」発表

2020年6月8日

コトバンク、音読指導アプリ「リピートーク」で「EdTech導入補助金活用プラン」発表

コトバンクは6日、先端的教育用ソフトウェア導入実証事業(EdTech導入補助金)を活用することにより、1IDあたり月額200円負担(税別)で音読指導アプリ「リピートーク(RepeaTalk)」を導入できる「EdTech導入補助金活用プラン」を発表した。

同社はEdTech導入補助金の趣旨に賛同し、学校法人向けに同プランをリリース。これを機会に、より多くの学校で「リピートーク」の有用性を検証してもらうとともに、EdTechの発展に貢献できればという。

英語4技能習得においてICTの有効性は注目をされており、教員が指定したテキストの音
読練習が可能となる同アプリを授業内外で利用することで、過去最高の英語成績を記録した学校もあるという。また、教員が指定した学習内容に加えて、教員によるフィードバックを提供できるため、家庭でのリモート学習を余儀なくされた環境下でも質の高い英語学習が可能。

同プランを利用できるのはEdTech導入補助金の要件を満たす全国の小・中学・高及びフリースクール。

EdTech導入補助金活用プランの概要

月額契約における1IDあたりの特別割引に加え、EdTech導入補助金の活用で学校負担が3分の1の費用で利用できるプラン。
■アカウント設定費用なし。
■クラス単位でテキスト・音声・練習方法の設定をするが、設定費用なし。
■学校法人負担は生徒1ID月額200円で利用可能。
※通常、月単位契約時は生徒1ID月額800円、1年間契約時は生徒1ID月額600円で提供。補助対象期間(採択時/2020年8月予定~2021年3月末)契約でも、生徒1ID月額
600円で提供。
■設定、導入、検証をすべてオンラインで実施できる体制を構築。

関連URL

リピートークの詳細・問合せ

コトバンク

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス