1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 研究者と家族が参加する「超仮想現実のサイエンスフォーラム」を開催

2020年6月16日

研究者と家族が参加する「超仮想現実のサイエンスフォーラム」を開催

海外日本人研究者ネットワーク(UJA)とNPOのケイロン・イニシアチブは、現実世界と仮想世界、研究者と家族、国と国の垣根を超えてつながる、超仮想現実のサイエンスフォーラム「Japan XR Science Forum 2020 in US Midwest」を、日本時間7月12日に世界で初めて開催する。

このフォーラムでは、米国を含む海外で世界最先端の研究を推進する若手日本人研究者による発表、Cheiron-GIFTS(研究者家族留学支援イニシアチブ)採択者のVR贈呈式、新型コロナの影響で科学に触れる機会が少ないアメリカ・日本在住の子どもたちのための夏の科学教室を行う。

仮想現実空間で開催されるサイエンスフォーラムで、アバターを介して、時空を超えた交流をする。そして、「細胞X最新技術」「免疫・アレルギーX皮膚」「留学のすゝめ」「異分野交流」「親子科学教室」など通常では混ざり合わないテーマと参加者の組み合わせから、新たな知の閃き―セレンディピティを生み出す。

当初は、在シカゴ日本国総領事館で開催する予定だったが、コロナ禍でオンライン開催を余儀なくされた。しかし、ピンチをチャンスに変える新たなXR技術の活用が、世界で初めて研究者の家族が仮想現実空間を体感するサイエンスフォーラムの開催につながった。

開催概要

開催日時:7月12日(日)、(日本)7:00~12:00、(欧州中央)0:00~5:00、(米国東部)11日(土)18:00~23:00
詳細・参加登録

関連URL

海外日本人研究者ネットワーク

ケイロン・イニシアチブ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス