1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. BFT、全社員に英会話教室を無料で提供開始

2020年8月5日

BFT、全社員に英会話教室を無料で提供開始

BFTは3日、社員のリクエストに応え、新たな福利厚生制度として、全社員に英会話教室を無料で提供開始すると発表した。

同社ではこれからの「働き方」として、外資系企業や海外との取引がない企業においても、今後多くの外国人と共同で仕事をしていく場面が増えることを想定。現在、同社では将来を見据えて、外国人採用を積極的に活用していく方向にあり、すでに数人の外国人社員が共に働いているという。

また、仕事の場面では国内企業の海外進出に伴い、システム導入においても、英語でのコミュニケーションを必要とされる場面が急増。

このような背景のもと、「英会話力向上を個人任せにしない」「第二のコミュニケーション力を全社員に」と考え、福利厚生として全社員に無料で英会話教室の受講を可能としたという。

同社が顧客向けに提供している研修サービスである「BFT道場チョイトレENGLISH」を全社員に開放。

「チョイトレENGLISH」は初心者から上級者まで受講できるように4つのレベル、各レベルが12ユニットで構成されている。withコロナ環境などの影響で他部署との交流も少なくなっている時勢を踏まえ、英会話の効果と社員同士の交流を同時に促進できないかと、4つのレベルを初級者のクラスと中級者以上のクラスの2つに編成し、展開。

また、業務の一環として同社では日ごろから技術研修を社員が受講できる環境を整えているという。しかし、英会話は業務として必要とされる社員とそうではない社員に分かれる。そうなると英会話受講が業務としてみなされるか否かが分かれてしまうという問題があったという。

そこで、全ての社員が自由に受講できるよう、イブニングタイム(19時から)に教室を開催。自己啓発として全社員が自由に受講できるように工夫をしているという。

また、在宅勤務、テレワーク、プロジェクトルームでの勤務など、同社社員の労働環境は多様。できる限り、時間を有効活用できるよう、オンライン orリアルクラスでのハイブリット受講ができる環境を整えた点も特徴だという。

関連URL

BFT

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス