1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京学芸大、公教育を変革していく「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」始動

2020年8月6日

東京学芸大、公教育を変革していく「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」始動

東京学芸大学は5日、教員と企業、教育委員会がワンチームとなって、Society5.0に向けた新しい学校システム創りに挑戦していく「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」を始動させたと発表した。

AIなどのテクノロジーが進出してくる社会において、人間の生き方や価値自体が問われる時代に突入する中、学校の役割もシステムも変わることが求められている。同プロジェクトでは学校現場をもっとオープンにし、教員と企業、教育委員会がワンチームとなって教育システムの変革に挑戦する。

同プロジェクトは、教員養成大学である東京学芸大学と、附属学校(竹早地区)、NEC、コクヨ、内田洋行、博報堂など企業20社、岡山県津山市、岩手県山田町、その他の教育委員会がワンチームとなり連携していく、日本初の産官学共同チーム。学校現場の教員と議論を重ねながら、現場の課題解決や理想モデルの構築を実践していく。また企業のリソースを活用しながら、企画した構想をすぐに附属校で実装し、さらには公立学校にも展開していくというスピード感を持って、既存の「学校像」を抜本的に変革することを目指す。

現在実施しているプロジェクトの一例としては、職員室を企業や外部人材とのコワーキングを可能にする学校内コワーキングスペース設置、出欠の自動化や子どもの行動・状況把握、安全安心を守るシステムとして子どものトラッキングシステム開発など15以上のプロジェクトがある。同プロジェクトでは、一緒に活動する企業、教育委員会等を随時募集している。

□参加企業(50音順)
内田洋行、学研教育みらい、カモマン、コクヨ、ジブラルタ生命保険、tanQ社、Teach For Japan、出島プランニング、東京学芸大こども未来研究所、凸版印刷社、日本能率協会マネジメントセンター、日本電気、NOLTYプランナーズ、博報堂、東日本電信電話、FIREBUG、Five for、Mistletoe Japan、三菱みらい育成財団、リクルートマーケティングパートナーズ
□参加教育委員会(50音順)
岩手県山田町教育委員会、岡山県津山市教育委員会、その他の教育委員会

関連URL

東京学芸大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
主催:関西学院高等部、Classi株式会社 探求学習×ICTカンファレンス2021 GIGAスクール時代に考える探求学習の未来 開催日 2.20(土) 15:00-
NICA(全国ICTクラブ協会) オンライン開催 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ ICT教育モデル校が積極導入! 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス