1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 京都大、教職員1万2500人の情報共有システムをサイボウズ「Garoon」に刷新

2020年11月17日

京都大、教職員1万2500人の情報共有システムをサイボウズ「Garoon」に刷新

サイボウズは16日、京都大学が「業務支援ICT戦略」の一つとして、教職員約1万2500人の情報共有システムを、同社のグループウェア「Garoon(ガルーン)」に刷新したと発表した。

京都大学では、2005年から職員向けポータルとして、オンプレミスのグループウェアを導入し、2009年度から対象を教員にも拡大して運用していたが、教職員からの要望をもとにカスタマイズされたグループウェアは、膨大なメンテナンスコストや管理者の負担がかかる一方で教員の利用率が上がらないことが課題になっていた。

今回のポータル刷新にあたっては、管理者の負担を軽減できるクラウドサービスが前提となり、これまで利用してきた機能が再現できる、かつ複数のクラウドサービスとの連携や親和性を重視した結果、Garoonが採用されたという。

メールなど一部の機能はG Suiteを利用し、セゾン情報システムズのスケジュール連携ソフト「PIMSYNC」を使ったGoogleとGaroonの連携を行うことで、より利便性の高いサービスとして教職員に利用されている。

また、職員録や契約実績検索システム、大型設備検索システムとしてkintoneも採用。Garoon、kintone、G Suite(現Google Workspace)は、同じ認証システムで利用できるような連携を実装している。

Garoonへの移行後は、サーバーメンテナンスの負担がなくなり、管理体制を2人から1人体制に変更。同社が運用するデータセンターを利用することで、自前でのBCP対策を最小限に抑え、安心して利用できる教職員用ポータルに進化した。

Garoonは、国内外5800社270万人に導入されている中堅・大規模組織向けグループウェアで、数万人規模でも安心して利用できる高いスケーラビリティと使いやすさを両立している。

関連URL

「Garoon」

サイボウズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス