1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. atama plus、「小中学生遺児学習支援プロジェクト」にAI先生「atama+」を無償提供

2020年11月20日

atama plus、「小中学生遺児学習支援プロジェクト」にAI先生「atama+」を無償提供

atama plusは19日、あしなが育英会の「小中学生遺児学習支援プロジェクト」に、AI先生「atama+(アタマプラス)」を無償で提供すると発表した。

家庭の経済状況による学校外学習の差が、生徒の学力や情操、自己肯定感などの格差につながっていることが指摘されてきたが、コロナ禍において、一層の格差が生まれていることが懸念される。あしなが育英会が6月に、遺児の保護者を対象に実施した生活状況アンケートでも、子どもに対する学習面のサポートを求める回答が、最も多い結果となり、同育英会は、9月から、小中学生遺児学習支援プロジェクトを開始した。

週1回、1時間のオンライン授業内ではatama+での学習に加えて、学習サポーターと学習計画を立てたり、学習方法について相談をする。学習サポーターは、生徒の学習状況をリアルタイムに可視化する「atama+ COACH」を使って、生徒がどこにつまずいているかを把握しながら、その子に合わせたきめ細かい学習指導ができるという。

atama plusは「教育に、人に、社会に、次の可能性を。」をミッションに、「基礎学力」の習得にかかる時間を短くし、「社会でいきる力」を養う時間を増やすことを目指し、生徒一人ひとりに「自分専用カリキュラム」を作成するatama+を、全国の塾・予備校に提供。

あしなが育英会は、国内外の遺児を支援する民間団体で、年間7000人の遺児に奨学金を給付・貸与。東日本大震災遺児支援、小中学生遺児への心のケア、アフリカ遺児支援なども行っている。

関連URL

あしなが育英会

「atama+」

 

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス