1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. メルタ、クマの3Dキャラクターが授業を行うオンライン英会話を開発

2020年12月17日

メルタ、クマの3Dキャラクターが授業を行うオンライン英会話を開発

メルタは15日、ネイティブキャンプと共同で、英会話講師の動きや音声がリアルタイムに反映されるオンライン英会話「3Dキャラクター先生」を開発したと発表した。

「3Dキャラクター先生」は、クマの3Dキャラクター「Teddy」がリアルタイムで講師の動きをトラッキングしながら授業を行うオンライン英会話で、子どもは親しみを持ってレッスンを受講でき、楽しく英語学習を続けられる。

メルタは、今回の開発で、キャラクターデザインと3Dモデル制作、およびトラッキング技術の提案とサポートを担当した。

まずは、「子どもに好かれる」、「親しみやすい雰囲気」といったイメージから「Teddy」の容姿をデザイン。さらに、手足の動きやまばたき、口の開閉が可能な3Dモデルを制作し、表情や顔の動きをトラッキングするソフトウェア「FaceRig」に対応させた。

過去多数にわたる3Dアバター制作の実績を生かし、アイデア段階から現場での運用まで一貫して寄り添うことで、「3Dキャラクター先生」の開発を実現。オンライン英会話業界初の試みとして、12月7日から、子ども向けのレッスンなどで利用が始まっている。

ネイティブキャンプは、独自のサービスで、「いつでもどこでも英会話レッスン」が受講できる定額制オンライン英会話アプリ。世界各国のバラエティ豊かな1万2000人以上の講師と、6000以上の豊富な教材による英会話レッスンは累計1000万回を超えている。

今回、「子どもが感じるレッスンへのハードルを下げ、長時間楽しく過ごす方法はないか?」という保護者らの悩みを解決するために、メルタとともに「3Dキャラクター先生」を開発した。

関連URL

ネイティブキャンプ

メルタ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス