1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 医療相談アプリ「リーバー」、デジタル健康観察機能が5つの外国語に対

2021年1月12日

医療相談アプリ「リーバー」、デジタル健康観察機能が5つの外国語に対

リーバーは6日、医療相談&健康観察アプリ「LEBER for School」の健康観察機能を多言語化し、昨年12月からサービスの提供を開始したと発表した。

新型コロナ禍において「子供の教育と健康を守る」をミッションに、日本にいる多くの外国人児童・生徒が日本人と同様のサービスを受けられるように、デジタル健康観察機能を多言語化した。

日本語に加え、英語、中国語、ポルトガル語、ベトナム語、ヒンディー語の計6カ国語で体温や体調、出欠席の入力ができる。言語選定は、教育現場の既存ユーザーやインターナショナルスクールからの意見を反映させた。今後も増やしていく予定だという。

デジタル健康観察機能の多言語化は、企業向けの「LEBER for Business」にも同様に実装される。

関連URL

LEBER for School

LEBER for Business

リーバー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス