1. トップ
  2. 学校・団体
  3. エデュケーションハブ「i.Dare」、経産省「未来の教室」実証事業に2年連続で採択

2021年1月20日

エデュケーションハブ「i.Dare」、経産省「未来の教室」実証事業に2年連続で採択

SOMA(ソマ)は19日、同法人が展開するエデュケーションハブ「i.Dare(イデア)」が、2019年度に引き続き、2020年度も経済産業省「未来の教室」実証事業に採択されたと発表した。

オンラインプログラム(2020年度)

i.Dareは、既存の学校環境になじむことが困難な児童・生徒に向けて、学校外での学びの環境をととのえる取り組み。

2020年度の事業は、前年度は高知県土佐町だけだった参加対象を全国に拡大。コロナ禍の環境に合わせて、3週間のオンラインミートアップと、1週間のオフラインキャラバンのハイブリッド型で運営した。

児童・生徒は、起こしたい行動(アクション)を自ら決め、目標・計画を定め行動を重ね、定期的なアウトプット・共有を通じて、各人の学びの履歴(ポートフォリオ)として残していった。

また、オンライン保護者会やゲストを迎えた座談会では、保護者の相談窓口や外部講師との交流なども設計。

2020年度は、昨年11月4日に開催された「Edvation Summit 2020 Online」の中間報告会での報告通り、東北~沖縄まで日本全国から約20人がプログラムに参加し、学年も小学2年~中学3年生まで混在。

ホームスクーリング、ハイブリッドスクーリング、アンスクーリングなど参加者の学びの在り方も多様な中、一人ひとりが状況に合わせた形でi.Dareに参加した。

2020年度実証事業の概要

実施期間:2020年9月〜2021年2月
対象者:小学校、中学校
事業カテゴリー種別:個別最適化
実証地域:全国(オンラインベース)
詳細

関連URL

「未来の教室」

「2020年度中間報告会」概要

SOMA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • BYOD予備機にも最適! 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン実施中 lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス