1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. パロアルトネットワークス、児童・生徒向け「セキュリティ教育プログラム」を無償提供

2021年3月11日

パロアルトネットワークス、児童・生徒向け「セキュリティ教育プログラム」を無償提供

パロアルトネットワークスは10日、5~15歳までの児童生徒を対象としたサイバーセキュリティ教育プログラム「初めてのサイバーセキュリティ」を、教育業務従事者に無償で提供すると発表した。


同プログラムは、政府主導で推進されている「GIGAスクール構想」下で、児童生徒が安全にインターネットを利用し、ネットリテラシーを学習できるよう、教育機関や学習塾向けに提供するもの。

同プログラムは、アクティビティを交えて楽しくセキュリティを学べるインタラクティブなワークショップ(モジュール)を通して、教師、講師あるいは児童生徒の両親がIT知識を必要とせずに、サイバーセキュリティの基礎やネットリテラシーを教えることができるように設計されている。

ワークショップは、特定の年齢層にあわせて、「インターネット利用」「プライバシー」「コミュニケーション」「デジタル社会の責任」の4項目で構成され、児童生徒の成長に応じた学習を促す。

プログラムの概要

提供開始日:3 月10日~
提供方法:同社公式ページから登録の上、ダウンロード

ワークショップ(モジュール)内容:
①インターネット利用:インターネットに接続するアプリなどに共有して良い情報など、より安全にインターネットを利用する方法を学ぶワークショップ
②プライバシー:オンライン詐欺などから個人情報を守る方法を学ぶためのワークショップ。インターネット上で共有しても良い情報と、非公開にすべき情報の違いを学ぶ
③コミュニケーション:インターネット上で、安全にコミュニケーションを取る方法を学ぶワークショップ。ソーシャルメディアなどでつながったユーザーを信頼すべきかどうか判断するための知識を学ぶ
④デジタル社会の責任:インターネット上のコミュニティに参加する際の行動や振る舞いなどを学ぶワークショップ。自らの行動の影響度を理解し、論理的な選択や自らの将来に備えるための振る舞いを学ぶ

関連URL

パロアルトネットワークス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス