1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. EdTech教材「ライフイズテック レッスン」、奈良市内の公立中学全校が導入

2021年3月25日

EdTech教材「ライフイズテック レッスン」、奈良市内の公立中学全校が導入

ライフイズテックは24日、同社のEdTech教材「ライフイズテック レッスン」が、2021年度から、奈良市内の公立中学校全校・全学年でプログラミング学習教材として採用されたと発表した。

都祁中学校での授業の様子

同教材は、中学・高校向けに、一人ひとりの理解度に合わせて個別最適なプログラミング学習ができる。プログラミング教育未経験の教師でも簡単に導入でき、全国1000以上の学校で採用されている。

奈良市は、全国でもいち早く昨年9月に、全中学校で「1人1台端末」の整備を完了。経済産業省「EdTech実証事業」にも参画し、市内中学校5校で「ライフイズテック レッスン」を先行導入した。

今回、先行導入校5校の知見を活かして、奈良市内の全ての中学生を対象に同教材を全面導入した。

また、奈良市の中学教師向けに、3月1・3・9・18日の4日間、教員向けプログラミング研修「Tech ! Lesson for Teachers(テックレッスンフォーティーチャーズ)」も実施。

来年度から授業にあたる教師が、実際に教材を使ってプログラミングを学び、自ら設定したテーマについてのオリジナルサイトを制作した。

先行導入校の一つ、奈良市立都祁中学では、授業導入時に教師が研修で作成したオリジナルHPを生徒に見せるなどして、スムーズな導入を実現している。

奈良市の「ライフイズテック レッスン」導入概要
・2021年度在学生および2023年度までの入学生、約1万2000人分を導入
・技術科だけに限らないプログラミング教育を目指し、総合や教科横断での学びを推進
・EdTechを活用した教員向けプログラミング研修「ライフイズテック レッスン for Teachers」の導入

関連URL

「ライフイズテック レッスン」

ライフイズテック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス