1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 浜松市、「ライフイズテック レッスン」を使ったプログラミング実証授業を終了

2021年3月29日

浜松市、「ライフイズテック レッスン」を使ったプログラミング実証授業を終了

ライフイズテックは、浜松市とともに、同市内7校の中学校で実施してきた、同社のプログラミング学習教材「ライフイズテック レッスン」を活用した2020年度の実証授業を終了したと、26日に発表した。


「ライフイズテック レッスン」は、中学・高校向けに、一人ひとりの理解度に合わせて個別最適なプログラミング学習を実現するEdTech教材。プログラミング教育未経験の教師でも簡単に導入でき、全国1000以上の学校で採用されている。

同教材を活用した授業への生徒の反応に対して、今回の浜松市のモデル校の教師からは、「興味を持った生徒が自宅で学習を進めていた」「教材の範疇を超えて生徒が意欲的に取り組んでいた」「生徒同士のコミュニケーションが増えた」などの回答があったという。

また、2021年度から始まる中学校技術・家庭科技術分野のプログラミング授業を教える教員は、必ずしも専門的にプログラミングを学んできておらず、同社の教員アンケートでは、不安を抱えていない教員はわずか5%で、95%の教師は何らかの不安を抱えていた。

今回、アンケートに回答した浜松市のモデル校の教師(7校中回答者6校)も、同様の回答内容だった。

だが今年度、実証事業として導入した同教材に対し、アンケートに回答した教師からは、「経験のない教員でも授業ができるようになった」「教員自身も、HTMLやCSSへの理解を深めることができた」などの声があがっているという。

同教材は、エピソードに合わせて出題される課題をクリアすることでプログラミングを楽しく学べる。授業準備の手間がかからず、導入環境や設定もシンプル。進捗管理画面、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの教師向けの授業支援ツールもある。

関連URL

「ライフイズテック レッスン」

浜松市

ライフイズテック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス